絵本の時間

幼い頃、読んでもらった絵本。内容はおぼろげになった本もありますが、忙しかった両親が寝る前に読み聞かせをしてくれる、短いけれど温かい時間は、一生の宝物です。そんな記憶を綴り、自分の子どもたちにも幸せの記憶を贈りたいと願うブログです。

わたしのせいじゃない

わたしのせいじゃない―せきにんについて (あなたへ6)
わたしのせいじゃない―せきにんについて (あなたへ6)
岩崎書店

あらすじ


あるクラスで休み時間に事件が起こります。男の子がみんなの前で泣いています。みんなが話しています。


「学校のやすみじかんに あったことだけれど わたしのせいじゃないわ」


「はじまったときのこと みていないから どうしてそうなったのか ぼくはしらない」


「おおぜいでやっていたのよ ひとりではとめられなかった わたしのせいじゃないわ」


「おおぜいでたたいた みんなたたいた ぼくもたたいた でもほんのすこしだけだよ」


「はじめたのは わたしじゃない ほかのみんながたたきはじめたのよ わたしのせいじゃないわ」


「自分のせいじゃないか その子がかわっているんだ ほかの子はみんな ふつうなのに」


「考えることがちがうんだ ぜんぜんおもしろくないんだ 自分のせいだよ」


「先生に いいつければいいのに よわむしなのよ わたしにはかんけいないわ」


「たたいても わたしは へいきだった みんなたたいたんだもの わたしのせいじゃないわ」などなど。


最後に


「・・・・私のせいじゃない?・・・」の問い。


そして、説明のないモノクロの写真が続きます。


★原爆のキノコ雲


★飢餓で苦しむ子ども


★紛争に巻き込まれ傷つき兵士に抱かれる小さな子


★タンカーの重油にまみれた海鳥


★ゴミの埋め立て地


★少年兵

絵本の思い出
この本は、私の絵本でした。大人になって購入したのですが、koli太郎といっしょに読んだのは、中学校3年生の春。
何かが響いたのでしょう。私の本棚からこの絵本を抜き取り、夕食の席に持ってきました。
「これ、どう思う?」
どう思うって、何を聞いているのかなぁ。
すると「私のせいじゃないワケないと思うんだよ」と。
koli太郎曰く、いじめをする人はもちろん悪いけれど、それを黙ってみたり、笑ったりして赦される雰囲気を作っている人も悪い!むしろ、「わたしのせいじゃない」って思ってる分絶対罪は重い、と言うのです。
「ぼくは、小さい頃ヒョロヒョロでいじめられてたでしょ。そのとき、いじめられる方にも理由があるって言った人がいたんだよね。すごく、中立みたいな顔して。全然中立じゃないっつーの。むしろ、いじめてるでしょって思ってた。」とのこと。


相当悔しい思いが蘇ってきたのだね。
母は、koli太郎の話に興味津々。「うん、うん。」と頷きながら話を聞きます。とても難しい本だけれど、彼なりに何か引っかかって考えたから、話したくて仕方ないのでしょう。


話はどんどん壮大になっていきます。
「戦争だってさ、戦争してる国は悪いけれど、使う武器を売って設けてる国だって悪いよ。飢えて死ぬ子どもだって、ぼくは知り合いでもないけれど、でも、無関係だっていうのは違うと思うんだ。だれかが、助けようって思わなくちゃ。「関係ない」って考えるのは、何か納得いかないんだよ。」と。


・・・・・・・。どうしたkoli太郎?こういうのが、中学生の正義感?
絵本の中の出来事が、すっかり「自分事」になっています。


「でも『いじめ』も『戦争』もおそらく無くなることはないんだろなぁ」と話し始めました。みんなが「悪い」って分かっていても、なくすことが出来ないもの、と。
うーんっと悩むkoli太郎・・・・。1人悩みの溝に落ちてしまい、「勝手に」答えの出ない問題に悩んでいます。


母はとても嬉しくなりました。なぜなら、私も同じような気持ちになり、答えがよく分からなかったもので、絵本を購入し、「いずれ、分かるときが来たら分かるだろう」と放っておいた本だったからです。今がその時なのかも、と思いました。


それで、私も一緒に悩んでみました。「火事ってきっと、無くならないよね。なのに命をかけて消火活動してくれる消防士さんや消防団の人がいるじゃない?」と話してみました。
極端なことを言えば、火事はなくならないのだから、いっそ、命をかける必要があるのだろうか?警察官だって、国連だって、「無くせない」と分かっている何かに取り組んでいるわけです。生徒会が『いじめ撲滅』に取り組むのだってそう。


koli太郎は、言いました。
「なくならないって分かっていても、なくしたいって思うから努力するんだよ。」


みんなの、誰かの幸せを妨げるモノを無くしたいって思い。
事故ではなく、故意に悪意を持って、いや悪意すら持たずに誰かを傷つけてしまうことは多々あります。
私にも覚えはあり、悪意がない時ほど、私はとても傷つきました。なぜなら、相手が私が傷つくことを全く理解していなかったと言うことが、はっきりと分かってしまうから。
こんな時って泣くに泣けない・・・。


でも、大げさな話ではなく、koli太郎が言うように、「なくしたいって思うから努力する」ことをあきらめたら、いかんなぁと思いました。私も逆の立場で人を無自覚に傷つけ、幸せを損ねたことがあったかも。いや、あったにちがいない。


きっと人を不幸にする出来事はなくならないけれど、それをなくそうと小さな努力を積み重ねる人の想いに気がつくことの出来る私でありたいと強く思いました。


koli太郎は、さらに言いました。
「でもね、赦すって必要だと思うんだよ」
と。
「辛くて悔しい思いしてもね、自分がずっとそう思ってたら、幸せじゃないから」
と。


今現在、この出来事を思い出すと「赦す」という言葉が、母の胸に突き刺さります。
「赦す」・・・・。


私は最近、ある出来事があり、気分が沈み、体調不良が続き、もう温かい気持ちで記事は書けないのではないかと思っていました。
「赦す」・・・・。


koli太郎との会話を思い出し、立ち止まります。
「幸せ」になる・・・。


私にとって「赦す」ことは、今すぐには難しそうです。けれど、その行為無くしては私の「幸せ」はないのは事実かもしれません。


「赦す」という言葉に、ひどく動揺してしまいます。
私も、多くの人に自分が気がつかないところで赦されてきたのではないか?
もし、そうだとしたら、私が「赦す」努力をすることが出来ないと拒否してしまうことは、自分の人生を恐ろしくつまらないものにしてしまうのではないか?


過去の一瞬の、たかが「絵本」を通しての息子とのやりとり。
あの時は絵本の中身を息子よりは理解していると勘違いし、私の人生に突き刺さりはしなかった絵本。
けれど。
けれど、もしかしたら、その一瞬の会話は、今の私の生き方を支える大きな意味のある一瞬だったのかもしれない。


母は、いまだに悩んでいます。
前に進めないまま、立ち止まり、あの一瞬を振り返っては、ため息をついています。
「赦す」・・・・。

子どもたちに幸せの記憶をおくろう

                                                                

★しばらくお休みしておりましたが、ゆっくり再開しようと思います。
 再び、よろしくお願いします(o_ _)o  by kolibri



当ブログはランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

にほんブログ村



にほんブログ村

ブログお休みします

読者になってくださった、たくさんの方々に感謝です。

一身上の都合により、多分、しばらくブログをお休みします。
そして、フラッとまた戻ってきますので、多分。
その時は、どうぞよろしくお願い致します~<(_ _)>


ありがとうございました♪



にほんブログ村


にほんブログ村



おこだでませんように

おこだでませんように
おこだでませんように
小学館


あらすじ
「ぼくは、いつもおこられる。いえでも、がっこうでもおこられる」
『ぼく』は妹を泣かせて、おかあちゃんにおこられた。
でも、本当はおかあちゃんが仕事でいないとき、妹に折り紙を折ってあげたのに、妹が気に入らなかったのだ。しまいには、宿題が終わっていないこともおこられた。妹の世話をして、出来なかっただけなのに。
学校では、遊びに混ぜてもらえなかった『ぼく』。意地悪されて、ケンカになって相手にパンチとキックをくらわせてしまった。そしたら、先生に「暴力です」とおこられた・・・。「おまえなんか、まぜてやらへん」の言葉は、『ぼく』の心へのパンチだと『ぼく』は思う。


どうして、いつも『ぼく』はおこられるんだろう・・・。
自分の気持ちは言えない。だって、もっとおこられちゃうから。
おこられると、だまって横を向くだけ。
でも・・・
本当は「ええこ」になりたい『ぼく』。どうしたら「ええこ」になれるんだろ。そして、どうしたら、ほめてもらえるんだろ。本当は、妹みたいにかわいがられたい。


ある日、学校で七夕の短冊を書くことになった。『ぼく』は一生懸命に願いを込めて一字一字を書いた。
『おこだでませんように』
あんまり、一生懸命に書いたので「早くしなさい」と怒られながら。
先生に短冊を見せたら、先生はじっとその短冊を見ていた。その目には涙が浮かんでいた。「ごめんね」いつも怒ってばかりいたことに気がつき、泣きながら「ほんまに、いい願いごとやね」と『ぼく』をほめてくれたのだ。初めて『ぼく』の気持ちに気がついてくれたのだ。


先生は夜、おかあちゃんに電話してくれた。長い時間話した後、おかあちゃんは妹にするみたいに「ぎゅっ」と『ぼく』を抱きしめてくれた。
『ぼく』は思った。「七夕の願い事がかなった」と。


そして、夜布団の中で「七夕様」に「ありがとう、お礼にもっともっとええこになる」と約束した。


絵本の思い出
 小さい頃から落ち着きのなかったkoli太郎。授業中に怒られ、休み時間に友だちとケンカして怒られ、家で妹を泣かせて怒られ・・・。
今や中学校3年生。今年はいよいよ受験生です。
先日、koli次郎の絵本を買いに本屋さんに行ったときのことです。
 自分のお目当ての文房具を見つけ、その文房具を手に絵本コーナーの母とkoli次郎の所へやって来たkoli太郎。
 懐かしかったのか、いろんな絵本をパラパラとめくり始めました。
「これ、読んでもらったね」とか「知らない絵本だな」なんて話をしながら。
ふと、koli太郎の手が止まりました。持ち上げた絵本のタイトルは『おこだでませんように』。そして、
「ママ、これ知ってる?」
「ううん。読んだことないなぁ」
「・・・これ、オレだ、ハハハッ。」


母は、絵本を受け取り、立ち読みしました。
妹を世話して泣かせた場面。学校で怒られた場面。夜「ええこになりたい」と心から願う姿に、koli太郎を重ねました。
「こんなに怒られてたっけ?」
「もっとだよ。本当にどうして僕は悪い子に生まれてしまったんだろって思ったな。」


なんとなくつぶやいたkoli太郎の一言が、胸に刺さります。
「いい子になりたいけれど、どうやったらそうなれるのか分からなくてさ。結構落ち込んだときもあったよね。怒った方は覚えて無くても、怒られた僕が言っているのだから、確かだよ」


手のかかる子でした。
お話が通じないなぁと悩みました。
ゲンコツしたときもあります。
そういえば、「言い訳はしない!」と怒ったときもあります。
でも、「言い訳」をちゃんと聞いてあげれば良かったなぁ。
この子は、ずっと自分は「悪い子」だって思いながら、大きくなってきたのだろうか?


母は、突然忘れていた宿題を突きつけられたように感じました。


「koli太郎の気持ち、ママは全然分かってなかったね。ごめんね。」


思い切ってそう言いました。すると
「ちびkoliが羨ましいなぁと思ったよ。かわいがらてて、いいなぁって。ママにもパパにも先生にも怒られたけれど、僕のほうがみんなの気持ち分からなかったのかなぁって、今思ってるよ。いいじゃん。今、それが分かってるんだから。」


母を思いやってくれたのでしょうか。母を責める言葉は、出てきませんでした。
取り返そうにも、取り返せない幼い頃のkoli太郎との時間。
母は、自分の戒めとして、『おこだでませんように』を買いました。


後日談
ぱぱkoliに本を手渡しました。まず、読んでみてちょうだい、と。
すると、だんだん目に涙がたまり、読み終わると「ほーっ」とため息をつきました。これからは、koli太郎はじめ、子どもたちの気持ちを聞くことの出来る親でありたいと2人で誓いました。・・・・できるかな?

こどもたちに幸せの記憶をおくろう
                                                                                             

当ブログはランキングに参加しております。
ポチッと応援よろしくです(*・ω・)ノ


にほんブログ村


にほんブログ村