絵本の時間

幼い頃、読んでもらった絵本。内容はおぼろげになった本もありますが、忙しかった両親が寝る前に読み聞かせをしてくれる、短いけれど温かい時間は、一生の宝物です。そんな記憶を綴り、自分の子どもたちにも幸せの記憶を贈りたいと願うブログです。

ぼくを探しに


新装 ぼくを探しに
新装 ぼくを探しに
講談社


あらすじ
「ぼく」は、「何かが足りない。だからぼくは楽しくない」。「ぼく」は「かけら」を探して転がり続けています。合わない形や大きさの「かけら」を無理に欠けた部分にはめようとしても、うまくいきません。時には、「かけら」を壊してしまうことも。それでも「ぼく」は転がり続けます。欠けているのでうまく転がれず、立ち止まってしまうことがあるけれど。「ぼく」はみみずとおしゃべりしたり花の匂いをかいだり、蝶を見つけたりしながら、とにかく転がっていきました。
 ある日、「ぼく」はぴったりな「かけら」を見つけます。心から喜ぶ「ぼく」。でも「ぼく」は言います。「ぼく」は「ぼく」で「かけら」は「かけら」と。もしかしたら、ぴったりだとしても「きみがそうしたくないかもしれないしね」。
 ぴったりだけれど、「かけら」は「かけら」。「ぼく」の欠けた部分ではない「かけら」という存在です。「やってみたら」と「かけら」。それで、2人はピッタリと重なり、欠けたところのない「まん丸」になって転がっていきます。欠けた部分がなくなった分、とても速く、スムーズに転がります。だから、もう立ち止まることもありません。もう、何かをじっくり見ることもありません。だれかとおしゃべりすることもありません。
 「ぼく」はかけらと一緒に転がることをやめます。前のように立ち止まることのできる欠けたままの「ぼく」として、転がることを選びます。

絵本の思い出
 ずっとずっと昔、私が高校生だった頃、この絵本をテーマに読書感想文を書いた友だちがいました。彼女とは中学校から部活動が一緒で、時々一緒に帰ることもありました。特別仲が良かったというわけでもないのです。けれど、とても心に残っている人です。


 読書感想文コンクールの代表に彼女が選ばれたとき、私はとても悔しかったのです。だって、中学校の頃、私が選ばれない時はなかったから。だから、余計に気になって、彼女の選んだ「ぼくを探しに」を本屋さんで立ち読みしました。
 衝撃だったのは、これが絵本であったと言うこと。高校生の読む本としては、ビックリなくらい短い。そして、感想文の文字数より、絵本の本文の文字数のほうが少ない!この本で代表に選ばれるような感想文を書けるとは!


 けれど、その後、私はさらに衝撃を受けることになったのです。


 彼女は医者の娘。進路希望調査で某大学の『医学部』を希望していた。何の不思議も疑問もまわりの人は感じていなかったし、彼女も感じていなかったはずだと思う・・・。少なくとも高校1年生の頃は。


 高校2年生の春。桜が綺麗で、ポカポカ暖かくて、本当に美しい春の1日。彼女を含め数人の部活仲間と一緒に学校帰りにお花見に行きました。私の通っていた高校は、市内でも花見の定番である城跡のすぐそばにあったから。
 みんなはしゃいでいました。こぼれるように咲いていた花が、風に乗って舞い、ほろほろと散っていく様子にうっとりしました。
「昨日の部活で〇〇先輩がさぁ」・・・誰が話し始めた話題だったか。覚えていない。私には、どうでもいい、心の動かない話題だったのだと思うのです。



ふと、横を見ると彼女は焦点の定まらないぼーっとした様子で桜の木のほうを見上げています。気になって足を止め、やっぱり立ち止まっている彼女を見つめていると


「やだな」


と彼女がつぶやきました。
 聞いちゃいけなかったような気がして、慌てて他の友だちのほうに振り向こうとすると、彼女は私を見て「医者の娘だから医者ってあり得ないと思わない?」と。


・・・・・答えに困る私。


 そんなふうに、彼女と話すのは初めてだったからか、その問いがどういう意味なのか理解できなかったからなのか。とにかく、どうしたらいいか分からなかったのです。
 続けて彼女は「好きにしろって親は言うんだけれどね、何か無言の圧力というか、期待っていうか、プレッシャーというか、感じてしまうんだよね」って。


 多分、そんな言葉だったと思う。


「好きにしろって言うけれど、何が好きなのか、何がしたいのか、分からないから困ってる。それも親は知ってる気がするんだよね。だから、結局迷ったまま、とりあえず親が望むとおりの道を行くんだっていう、確信があるんだよ。きっと親には。本当は、『好きにしろ』なんて言って欲しくない。親はずるい。それで、いい親だって思ってる。本当は『何が好きなのか』を一緒に悩んでくれる親が良かった・・・・。」


 うーん。深すぎる。分かるけれど、分からない。分かろうとしても、彼女の悩みの神髄には触れられない、そんな感じがしました。そして、それは『彼女も知っている』気がしたのです。
どうして私なのかが一番疑問。もっと仲の良い友だちもいただろうに。


 けれど、その思いが「ぼくを探しに」だったのだということは、痛いほど伝わり、深い悩みがあったからこそ、あの絵本が彼女の心に響いたのだし、彼女の感想文には彼女の思いが込められていたのだと納得がいったのです。


 私は何と答えたか、覚えていない。多分、後腐れのないさらっとした受け答えをしたのではなかったかな?どう答えても彼女の力には慣れない気がして。それだけはハッキリ覚えているのです。


ずっと前の忘れられない一瞬の記憶。


 現在、koli太郎が自分の生き方を悩んでいるらしい。恋に進路に父親との関係。上がったり下がったりの不安定な成績と「なりたい自分」のギャップ。家業を継いでほしいという周りの期待。大好きなおばあちゃん(義母)からの「当たり前」の圧力。


「一緒に悩んでくれる親が良かった」


最近、私の心に響く彼女の声。
彼女は、結局医者にはならなかったそうです。
医学部に進学したはずなのだけれど。
彼女の自分探しはうまくいったのだろうか。ずっと気になっています。


親になって、読み返して感じること。
子どもは親の欠けた部分を補う「かけら」ではないということ。
もし、「かけら」ほどの大きさしかなかったとしても、「かけら」は「かけら」として「ぼく」とは別に存在しているのです。親が果たせなかった夢、親が望む人生の理想像を完成させるための「かけら」ではないのです。無理に欠けた部分にはめられて壊れてしまった「かけら」を見て、koli太郎を思いました。koli太郎はkoli太郎。親のために何かを補う存在ではないいうことを、つきつけられた感じがしています。


koli太郎の「自分探し」は始まったばかり。
そして私は、今日koli太郎にこの本を渡すつもり。
昔話をしながら、「一緒に悩む」覚悟を伝えたいと思っています。


後日談
「おぉパックマンみたいだ」と笑うkoli太郎。結局koli次郎も一緒に読み聞かせをすることになりました。
読んでいる間、笑ったり絵を指さしたりして笑っていたけれど、読み終わった後にkoli太郎のは言いました。
「この本で読書感想文書きてぇ!」
何だろう?デジャブか・・・・?。笑


こどもたちに幸せの記憶をおくろう
最後までおつきあいいただき、ありがとうございます。
ではでは(^_^)/~


当ブログはランキングにさんかしています。
ポチッと応援よろしくです。

にほんブログ村

にほんブログ村 


こねこのぴっち

こねこのぴっち (岩波の子どもの本)
こねこのぴっち (岩波の子どもの本)
岩波書店


あらすじ
 ぴっちは、リゼットおばあさんの家で飼われているマリとルリの5匹の子ねこのうち、一番小さくて変わった子ねこ。飼い犬のベロが心配そうに見ています。なぜかというと、他の4匹の子ねこたちは毛糸にじゃれたり、箒によじ登ろうとしたり、元気いっぱいに遊んでいるのに、ぴっちだけは1人カゴの中で考え事をしているからです。
 ぴっちは、他の子ねこのようと同じように遊びたいとは思いません。まったく別のことがしたかったのです。ぴっちは1人、うちを出て行きました。
 外の世界でぴっちはいろんな動物に出会います。ヒヨコとめんどり母さん。歩き方のりっぱなおんどり父さんの真似をしてエサをつついてみたり、二本足で歩いてみたり。「ぼくもりっぱなおんどりになりたいな」
けれど、おんどり同士のケンカを見て、
「こんなことなら、おんどりになるのはやめた」
と、逃げ出します。
 さらに、やぎ、あひる、うさぎになろうとしますが、失敗。
最後はずぶ濡れになって、ウサギ小屋に閉じ込められてしまいます。
「にゃおにゃお」
と呼びますが、誰も気づいてくれず、怖い思いをしますが、犬のベロがおばあさんを起こしてくれて、助かります。
 しかし、ずぶ濡れのまま怖い思いをしたぴっちは、重い病気になってしまいました。


 おばあさんの温かい看病や、今までであった動物たちのお見舞いと優しい心遣いのお陰で、少しずつぴっちは元気になりました。
 ベロが押してくれる乳母車で外に出られるようになったぴっち。他の動物や兄弟たちは、ぴっちの笑顔が見たくて、何かしたいと思い、「おいわいのかい」を開催してくれました。


 元気になったぴっちは、もう子ねこ以外の何にもなりたいとは思いませんでした。


絵本の思い出
 今年のGW。わが家では大事件がありました。ちびkoliが「学校に行きたくない」宣言をしたのです。
 久しぶりに全員がそろった夕食、珍しくおしゃべりなちびkoliが大人しくて、気にはなっていました。けれど、突然「学校に行きたくない」と言ったっきり、「わーん」と大声で泣き出した娘に唖然。
 正直に申しますと、ちょっとしたいざこざはありましたが、娘ちびkoliは私とは異なり、お友達に恵まれ、今までお友達関係に悩んだコトなんてなかったのです。親が知っている限りは。どちらかというと、悩んでいる友だちに頼られ、意見を求められ、本人は気がついていませんでしたが、お友達関係では大切にしてもらっている恵まれた存在でした。
 聞けば、小学校以来仲良しだったAちゃんとKちゃんと3人でクラスの係をするようになったのだけれど、2人は中学生になってから、ちびkoliを除いて2人で行動することが増え、係の仕事もちびkoliに押しつけて何もやらないのだと言うのです。
・・・いつの時代も女3人って難しい。
それに、中学生の女子ってトイレも教室移動も、固まって移動みたいな雰囲気があり、グループに所属せずに1人で行動していると恥ずかしかったり、切なかったり、挙げ句の果てにはかわいそがられてしまって、嫌な気持ちになったり。
あぁ、そういうことかぁ。母は思いました。


「なんで、私のこと避けてるのかわかんない。」
「最初AちゃんはKちゃんのこと無視しようって言ったのに。ちびkoliは『嫌だ』って言ってKちゃんのこと守ったのに。なんで、私がこんな思いしなくちゃいけないの?」


大人から見れば、小さなこと。けれど、たった十数年しか生きていないちびkoliにとっては大問題だったのですね。
ひとしきり泣き終わるまで、家族全員フリーズ。とにかく、シーンとしたダイニングでちびkoliが泣くのを見ていました。
koli次郎も悲しそう。何だか分からないけれど大好きなお姉ちゃんが泣いています。
koli太郎は怒っています。「ちびkoli何も悪くないじゃん。オレ先生に言ってやろうか?」


ぱぱkoliは言いました。「それってちびkoliの本当の友だちなのかい?」
・・・・・・。


夜、「こねこのぴっち」を持って、ちびkoliの部屋へ母は行きました。
布団に頭まで隠れてしまっているちびkoliに読んで聞かせたかったのです。


お話をした後「感想は?」と聞くと「別に・・・。」
どうも怒っているらしい・・・・。だれも分かってくれないことに怒っているのかな。


母は、なるべく落ち着いて話しました。
 ぴっちは、ずっと兄弟と同じになれない「自分」を感じてた。だから、ほかの何者かになろうと外の世界に出て行くけれど、結局自分以外の何者にもなれないし、ならないと決めたのね。外でであった動物たちは素晴らしいけれど、病気になって戻ってきたとき、おばあさんも、「自分とは違う」って感じてた兄弟たちも、温かくて、優しくて。そういう関係の中に生きていた「自分」に気がつくのね。だから、ぴっちは「自分」であることが一番幸せだって思ったんだと思う。
 ちびkoliは、係の仕事を誰かに押しつけるのは嫌で、だれかを仲間はずれにするのも嫌で、自分の思ったとおりに行動したのでしょ。けれど、自分らしく振る舞った結果、相手に理解されなくて苦しい思いをしているんだよね。でも、ちびkoliは、他の誰かにはなれないんだな。ちびkoli以外の誰かにはなれないでしょ。
 それに、ちびkoliが泣いたとき、自分のことではないのに、koli次郎が一緒に悲しくなったり、koli太郎が怒ったり。ちびkoliのこと、全部は分からないけれど「寄り添いたい」って思ってくれる兄弟がいる。お話ししてくれるパパがいる。みんな、ありのままのちびkoliが大好きなんだよ。
 学校ではどうなの?だれも、困っているちびkoliを助けてくれる人はいないの?
「・・・・いる。『大丈夫?』『一緒に行こう』って声かけてくれる人。たくさんいる。」
その人たちは、きっとちびkoliのつらい気持ちに気づいてくれたんだね。できれば、ちびkoliのために何か行動したいって思ってくれたんだよね。それって、すごいことだと思わない?そうやって、自分らしくしていても、周りに思いやってもらえる「自分(ちびkoli)」だってことがステキだわ。そういう温かい関係の中にいる「ありのままの自分」に気づいて欲しいなぁと思う。
 お互いに辛いときに寄り添ったり、率直にだめ出しできたり。「その人のために」行動できてしまう関係って、とても幸せなことだと思わない?「自分らしくない自分」でいなくちゃいけない関係は、決して幸せなコトではないと思うの。


ちびkoliはだまっていました。


そして、ポツリ。「私は私らしくしていていいの?」と。


そして、「でも本当の自分がよく分からない・・・いいな。ぴっちは。」


今、ちびkoliはAちゃん、Kちゃんともお話はするけれど、「幸せな関係」の友だちの存在に気づき、毎日学校に通っています。ぴっちが役に立ったのか、立たなかったのか。でも、私の本棚の「こねこのぴっち」は、今ちびkoliの本棚にあります。
ちびkoliの「自分」探しは、まだまだ続いていくのでしょう。「自分以外の何者でもない自分」を探して、少しずつ大人に近づいていくのだなぁと感じています。


後日談(おまけ)・・・・
 koli次郎はたった5歳ですが、大好きなお姉ちゃんが泣いたことが、よほどショックだったのでしょう。ことあるごとに、お姉ちゃんの顔をのぞき込み、「しわよせ?」と聞くようになりました。ん?「しわよせ」って何?
  分からず、みんな「うん、そうそう」なんて流していたのですが、最近になってようやく何が言いたかったのかわかりました。
「幸せ?」と聞きたかったようです、笑。



こどもたちに幸せの記憶をおくろう!

                                                                                                   


最後までおつきあいいただき、ありがとうございます。
当ブログはランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくです♪


にほんブログ村

にほんブログ村



しげちゃん

しげちゃん
しげちゃん
金の星社


あらすじ
『しげる』という名の女の子(女優 室井滋さん)のお話。
しげちゃんは、自分の名前が嫌でたまらないのです。男の子みたいだから・・・。
小学校の入学式。男の子と女の子が隣同士に座るのだけれど、隣の男の子が名前を見て泣き出しました。「オレだけ、男と隣同士だ~」って。
 それからというものの、名前のせいでからかわれ、しげちゃんはどんどん自分の名前を嫌いになっていきます。いつしか、改名するなら『ももこ』とか『すみれ』なんかがいいなぁと考え、中学生になったら、大人になったら改名しようと心に決めています。
 そんな思いをお母さんにぶつけたところ、「それは無理!」と戸籍の話をされてしまいます。しげちゃんは絶望します。
 けれどお母さんは、今までしげちゃんが知らなかった家族の話もしてくれました。それは、しげちゃんが生まれる前に、お兄ちゃんが生まれたけれど、赤ちゃんのうちに亡くなってしまったこと。それで、お父さんとお母さんはしげちゃんが生まれたとき、一生懸命に考え、願いを込めた名前を付けたのだと言うこと。
「滋養」の「滋(しげる)」。
 お兄ちゃんの分まで、元気に生きるという願いが込められていたのです。
 しげちゃんは、この話を聞いてから、前ほど自分の名前が嫌いではなくなりました。それどころか、もっともっと自分の名前を大好きになりたいと決心するのです。


絵本の思い出
 ちびkoliの本名はちょっと変わっているのです。今はやりのいわゆる「きらきらネーム」ではないのですが、願いを込めた漢字を並べて読んでみると、皆さんが知っているある生き物になるのです。だから、ちびkoliは、自分の名前なのだけれど、人に呼ばれたりからかわれるのが嫌だと幼稚園の頃から、名前の話題はNGでした。ちなみに、今でもからかわれることがあるそうです。


 小学校の低学年の頃、夏休みの読書感想文を書くことになったとき、本屋さんで『しげちゃん』を見つけました。多分課題図書コーナーだったと思います。


 koli太郎は「うひゃひゃ!この本、すごくちびkoliに似てる~( ̄∇ ̄)!」とちびkoliに差し出しました。表紙を見てもらうと分かるのですが、前髪ぱっつんのおかっぱ頭。
 ちびkoliは「全然似てないよ~怒!」と言いましたが・・・笑。ちなみに髪型そっくりだったので、私も笑ってしまいました。ところが、koli太郎が『似ている』と言ったのは、表紙ではなく・・・。


「ちびkoli、名前からかわれるの嫌だっていっていたでしょ!他の名前だったらからかわれないのに!って・・・。ボクも分からないけれど、「しげちゃん」みたいに、どういう願いが込められた名前なのか、ママやパパに聞いたらどうってこと!」


・・・・・。


本屋さんの絵本コーナーで、koli太郎とちびkoliの目が私を見つめて「?」と訴えている!


周りにたくさん他のお客さんもいらっしゃったけれど、母はなんだか試されている気持ちになり、二人の目の高さになるようにしゃがんでお話をしました。
「ちびkoliの名前は、パパが『人の心に寄り添える豊かな心を持った人に育って欲しい』って言ったの。ママもそれに賛成して、『お友達や周りの人を温かい気持ちにするような心を持って欲しいね』って話したの。それで、この漢字を選んだんだよ。分かる?」


話を聞いていたkoli太郎は『どうだ!』とばかりに、ちびkoliをニヤニヤ見ています。
ちびkoliは・・・・。
見開いた目があっというお水でいっぱいになり、限界を超えたとき、ボロボロっと大粒の涙がこぼれました。


「ごめんなさい」


言ったっきり、声を上げるでもなく、拳をにぎり、唇をキュッとかんでその場に立つ娘の姿が忘れられません。名前を変えたいと思ったことが「ごめんなさい」なのか、「何でこんな名前付けたのよ」と言ったのが「ごめんなさい」なのか・・・。
分かりませんでしたが、母としてはちびkoliの心に、触れることが出来たような、温かい気持ちになりました。きっとからかわれるたび、苦しかったり、切なかったり、怒ったりしたのでしょう。そんな妹を見ていたお兄ちゃんは、どんな思いでこの本を差し出したのでしょう。


今「しげちゃん」は、ちびkoliの部屋の本棚に置いてあります。もう、絵本を読む年齢でもないのですが、koli次郎が「ちょーだい」と言ったけれど、置き場所はそのまま。ちびkoliの心を支えてくれる絵本として、今も活躍しているのだと思います。

こどもたちに幸せの記憶をおくろう

                                                                         

最後までおつきあいいただき、ありがとうございます!
当ブログはランキングに参加しております。
ぽちっと応援よろしくです(*・ω・)ノ


にほんブログ村



にほんブログ村