絵本の時間

幼い頃、読んでもらった絵本。内容はおぼろげになった本もありますが、忙しかった両親が寝る前に読み聞かせをしてくれる、短いけれど温かい時間は、一生の宝物です。そんな記憶を綴り、自分の子どもたちにも幸せの記憶を贈りたいと願うブログです。

100万回生きたねこ

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)
100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)
講談社

あらすじ
「ねこ」はいつだって「百万回死んでは生き返った」ことを自慢にしています。その「ねこ」が白いメスねこと出会いました。周りのねこたちとは異なり、白いねこは「ねこ」の話に驚いたり、感心することはなく、「そう」と反応します。「ねこ」はこの白ねこが気になり、結ばれ、子ねこが生まれます。2人で子育てをして、「ねこ」は100万回生きても今まで知らなかった、かけがえのない時間を過ごします。
 子どもたちが巣立ったあと、2人で過ごす「ねこ」と白ねこ。ある日白ねこは「ねこ」の隣で動かなくなっていました。「ねこ」は泣きます。泣いて泣いて、翌朝動かなくなっていました。そして、二度と生き返ることはありませんでした。

絵本の思い出
 一生にだた一度の恋というモノはあるのだろうか。これ、koli太郎の言葉。
中学生になってその時々「〇〇ちゃんがかわいい!モテる」なんて、笑いながら話していることがあったけれど、こんな質問初めてだ!突然どうした?( ・_・;)
 中学生の息子と母がこんな「恋バナ」を繰り広げているなんて、誰も信じてくれないかも。けれど、koli太郎は本気で悩んでいるらしい。どうも好きな子が、しかも「これが恋」と信じられる好きな子ができたのだ。母としては複雑、笑。
 母は、自分が小さい頃出会った絵本「100万回生きたねこ」を思い出した。
「読んでみなよ」というと、「知ってるよ。最後ねこが動かなくなって死んでしまう話でしょ」とそっけない。そうなんだけれどさ・・・。
 母が、息子に話す話かは分からんけれど、初めて自分の思いに向き合った息子に人として向き合おうと心を決め話したこと。
 「好き」とか「愛している」という気持ちは、その時はいつでも本気だと自分では思っているモノ。けれど時間がたつと、また他の人を好きになり、「これこそ一生に一度の恋だわ」なんて思ってしまう。まったくもって、人の気持ちなんて。
 「ねこ」は100万回生きたけれど、「本当の恋」を知らずに、ただ過ごしてきた。それを「生きてる」って言うのだろうか?白ねこと過ごした「ねこ」にとって一瞬の時間は、きっと永遠だったのだ。それこそ、かけがえのない時を過ごし、「生きた」のだ。もう、「ねこ」は再び生き返ることはしなかった。それは、その必要がなかったから。生き返ったとしても、白ねこなしでは「生きる」ことはできないのだから。
母になり、子どものいる私が「恋」を語るのは、どうだろう?と思いながら、かみ砕いて一生懸命話しました。


 koli太郎からの質問。
「それじゃ、ママはパパのこと本当に好き?ママはかけがえのない時を今生きてる?」
母「・・・・・・・・。」
これまた、難しい質問だなぁ。でも、ソレって最後の最後に知ることの出来る答えかも。


 私とぱぱkoliは高校の同級生です。ずっと友だちだったけれど、「本当の恋だ」と思っていた相手とそれぞれつきあっており、その数々の汚点も知る仲です。もちろんすべてをkoli太郎には話せないけれど。あはは。


 大学生の時は、やはりそれぞれいろんな「本当の恋」だと思った相手と数々おつきあいをし・・・。就職をして、何年後かに再会したその日にプロポーズされました。冗談かと思ったけれど。


 この年齢になってもよくわからないけれど、「本当の恋」は、意外に静かに、意外に身近に、意外に突然に、けれど時間をかけてやってくるモノなのかもしれません。


 ぱぱkoliは短気です。そして、結構怒りっぽい。独占欲も強いし、野心家でもある。ぱぱkoliは情にもろく、損をすることも多いタイプですが、愛されるキャラクターです。いつもドラマ見て、泣いているぱぱkoliに「はいよっ」と私がティッシュを渡します、笑。


 私は脳みそがどうも男性で、おおざっぱでざっくりです。決断が早くて失敗もあるけれど、いつまでも気にしないタイプ。行き当たりばったり、なるようになるさ人間。さらに超合理的。私は人の前にたってリーダーになることが多く、どちらかというと人の上に立ってしまっているタイプ。よく姉御肌と言われます。自分で言うのも何なのですが、いつの間にか人を従えて理屈で屈服させてしまっていることが多かった。だから、女友達は少ない。今続いている友だちも片手で足りる。・・・その私を、唯一怒って正すことのできる存在がぱぱkoliだったのですね。


 気づいたら、お互いそこにいました。
 気づいたら唯一無二の大切な存在になっていました。プロポーズされるまで、お互い「愛してる」なんて思ったことは多分ない。というか異性として意識していなかったと言うべきか?
 気づいたら、一緒に「かけがえのない時」を刻んでいた?
 うーん。謎。
でも、プロポーズされたときに思ったのは、「この人なしの人生は、きっとつまらないものだろう」ということ。ぱぱkoliは、「久しぶりの待ち合わせの時間について電話で話しているときに、突然毎日会いたい」と思ったんだそうな。なんででしょうね。


一瞬の間に、頭の中をぱぱkoliとの今までがかけめぐり、
koli太郎に答えた言葉は「・・・パパと生きてる」でした。


うーん。まだkoli太郎にどうやって話したらいいのか分からないけれど、いつか話せるといいなと思っています。だから「100万回生きたねこ」は、私の宿題。koli太郎が本当に「かけがえのない時」を誰かと歩みたいと思ったときに、また、話したいなぁと感じました。

子どもたちに幸せの記憶をおくろう

                                                                           

今回はとても悩みながら書いた記事なので、とても長くなってしまいました。
最後までおつきあいいただいて、ありがとうございます人´∀`).☆.。.:*ありがとぉ


当ブログはランキングに参加しております。
ポチッと応援、よろしくお願いします(*・ω・)ノ


にほんブログ村


  


 


ちっちゃくたって、おっきな愛

今日の絵本


https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784338126335

あらすじ
ちびちびくんというネズミの奮闘ぶりが可愛らしい仕掛け絵本です。ちびちびくんは大好きな子がいるのですが、ずっとずっと上の方にいるので、届きません。
 だから、いろんなモノを積み上げます。少しでも高く、少しでもあの子のそばにいたいから。ティーカップや指ぬき、野菜もどんどん積み上げていくのでグラグラしていて、ちょっぴり不安。けれど、ちびちびくんは全くそんなことは気にしません。そして、積み上げたものがすべて崩れてしまったとき、あの子が首を伸ばして近づいてきます。なんとちびちびくんの大好きな女の子はキリンだったのです。小さくたって、気がついてもらえなくたって、少しずつ、自分らしく、一生懸命にあの子に思いを届けたちびちびくん。思いはキリンさんに、とうとう届くのです。


絵本の思い出
koli太郎に初めて買った仕掛け絵本。最後にキリンさんが、ちびちびくんに首を伸ばし、チュッとキスをするのに大喜び。キャッキャッと手をたたいて喜ぶのでした。
 現在、「ちっちゃくたって、大きな愛」を覚えているかな?質問してみると、「う~ん、記憶にない」だそうです(ノД`)
 ちょっぴりがっかりしましたが、小さかったときに好きだったことを伝えると、仕掛けをパタパタ動かしながら読んでいました。「ろうそくとかティーカップとか、崩れやすいモノじゃなくて、もっと安定したモノを重ねれば良かったんじゃない?」と、なんだか現実じみたコメント。確かにそうなんだけれど、その不安定なモノを重ねたところが、何かを伝えているんじゃないかな?と、その時私は思ったのですね。
 息子の一言でしたが、ただかわいらしい絵本だったイメージが、大きく変化した瞬間でした。息子に伝えると彼は「う~ん」とまた悩んでいましたが・・・・。
 「よく、わかんないんだけれど・・・・」と前置きして話してくれました。確実に相手に思いを伝える方法なんてないんだと思うこと。よかれと思っても裏目に出たり、好意を伝えたつもりが誤解されちゃったり・・・。どうも、koli太郎も大好きな女の子がいるらしい、笑。ちびちびくんがキリンさんに気づいて欲しくて重ねていった不安定なモノは、つまり、そうした数々の試みを示しているのではないのかな、と感じたそうです。
 ふーん。愛は盲目ということかな?「おっきな愛」がちびちびくんを突き動かしているのでしょう。
 なんだか、急に大人になってしまって、ちょっと嬉しいような、寂しいような思いをした母なのでした。今、絵本を通して彼の気持ちを知ったり、一緒に話し合ったり出来ることは、母にとって幸せなことだなぁと感じます。また、私が「しあわせの記憶」をもらってしまいました。良い絵本とは、こうやって人と人をつないでくれる本なのでしょうね。
 小さい頃の記憶は残っていないようですが、別の形でこの絵本の思い出がkoli太郎に刻まれますように。

子どもたちに幸せの記憶をおくろう

                                                                                      

最後までおつきあいいただき、ありがとうございます(^-^*)
ではでは(^_^)/~


当ブログはランキングに参加しています。
ポチッと応援、よろしくお願い致します。


にほんブログ村



図書館ライオン

としょかんライオン (海外秀作絵本 17)
としょかんライオン (海外秀作絵本 17)
岩崎書店

あらすじ
 ある日、図書館にライオンがやってきます。図書館員のマクビーさんは大慌て。でも、図書館長のメリウェザーさんは、きまりを守っているならば、ライオンが来ても構わない、図書館は決まりさえ守れば、誰でも本を楽しむことが出来る場所であることを告げます。ライオンは、お話の会の始まるずっと前に図書館にやって来て、メリウェザーさんのお手伝いをするようになりました。棚のほこりをしっぽで払ったり、封筒をなめて封をするお手伝いをしたり、子どもたちを背中に乗せて、高い棚にある本をとるお手伝いをしたり・・・・。すっかり人気者になったライオンを見て、マクビーさんはおもしろくありません。ところが、ある日、メリウェザーさんがライオンの目の前でケガをしてしまいます。メリウェザーさんを助けるために、図書館では禁じている「走ること」「吠えること」をしてしまったライオンは、次の日から図書館に現れなくなりました。ケガをしたメリウェザーさんも元気がなくなっていきます。マクビーさんは、自分に出来るお手伝いがあることに気がつきます。メリウェザーさんとライオンを元気にするために・・・・。ライオンを探すマクビーさん。そして図書館の入り口前に座り込む、雨でびしょ濡れのライオンを発見。マクビーさんは「図書館の決まりが変わった」ことをライオンに告げます。「訳があったときは、決まりを破ってもいい」ということ。例えば、ケガをした友だちを助けるときなど・・・・。翌日、嬉しさのあまり、決まりを破って図書館を走ってかけより、ライオンを抱きしめるメリウェザーさんがいました。

絵本の思い出
 「だって、先生がいってたもん」が、口癖の小学校1年生の頃の娘ちびkoli。不思議なモノで、小さな子どもにとって、先生のおっしゃるコトって絶対!ここが家だからとか、相手が大人だからとか、なかなか融通が利かないのですよね。自分たちのルールがあてはまらない大人のことを、ちょっと批判したい気持ちもあったのかもしれません。そんなとき、兄koli太郎が大きなケガをしました。毎日、学校までの送迎をすることになったのですが、学校のきまりでは家族に送迎してもらわず自力で登校しましょうの一文が・・・。ちょっぴり「お兄ちゃんずるい!」という気持ちもあったのでしょう。お兄ちゃんを「足をケガしたのではないのに、歩かないのは約束違反だ!」と責めました。その時に、読んであげたのが図書館ライオン。ルールを守るって大切。けれど、その時や状況でみずからルールを破って人を助けたり、思いやったりすることがあるのだということに気がついて欲しかったのです。何よりちびkoliには、ルールは大切だけれど、ルールに振り回されるのではなく、自分で考えて行動できるようになって欲しいと思いました。
 娘はわーんっと泣きました、笑。自分でもひどいこと言っているなぁと思っていたけれど、約束を守らないのは悪い子だから・・・と言って。お兄ちゃんを悪い子にしたくなかったし、自分も悪い子になってはいけないと、ルールと感情の間に挟まって、苦しい思いをしていたみたいです。
 大人だったら、そんなことはすぐに分かるけれど、娘の中では小さな、けれど本人にとっては大きな葛藤があったのでしょう。「図書館ライオン」は、そんな葛藤を家族で話し合う機会を作ってくれた、大切な思い出の絵本です。

「子どもたちに幸せの記憶をおくろう」


   
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは、ブログランキングに参加しています。
一票投票していただけると嬉しいです。よろしくお願いします。


にほんブログ村