絵本の時間

幼い頃、読んでもらった絵本。内容はおぼろげになった本もありますが、忙しかった両親が寝る前に読み聞かせをしてくれる、短いけれど温かい時間は、一生の宝物です。そんな記憶を綴り、自分の子どもたちにも幸せの記憶を贈りたいと願うブログです。

ぼくとかあさん

ぼくとかあさん
ぼくとかあさん
金の星社


あらすじ
熊の「ぼく」と「かあさん」は2人暮らし。けれど「かあさん」は「けっして ぼくをひとりにはさせなかった」のです。貧しいけれど、愛情たっぷりに育てられた「ぼく」。みんながかわいい長靴を買ってもらえば、「ぼく」も買ってもらえたし、早く走れる靴をみんなが持っていれば、「ぼく」も買ってもらえました。さみしがり屋で泣き虫の「ぼく」を世界中で一番優しく育ててくれた「かあさん」。
 「ぼく」は勉強を頑張り、大人になり、都会へと出て行きます。最初はホームシックになって「かあさん」に電話をするたび励まされる「ぼく」。けれど、都会の生活に慣れた頃、たびたび入る「かあさん」からの電話に、「今、忙しいから」と電話を切ることも増えた「ぼく」。「ぼく」は、都会の生活が楽しくなってきたのでした。
 「かあさん」から帰るように再三の電話があって、やっとふるさとに帰った「ぼく」は不平を言いながら家路につきます。「こんなところで、よくもそだったもんだ」といいながら。
 家に帰ると、玄関にはたくさんの靴が並んでいました。小さいモノから大きいモノまで・・・・。「さみしいだなんていって。たくさんお客さんがきているじゃないか!」と不平をいう「ぼく」。でもよく見ると、それは、「ぼく」が小さかった頃から、「かあさん」が一生懸命に働いて買ってくれた「ぼく」の靴なのでした。その時「ぼく」は気づくのです。
「かあさん」はけっして「ぼく」を1人にはさせなかった。
それなのに、
「ぼく」は「かあさん」を1人にした、と。


絵本の思い出
 私には、決して忘れられない悲しい思い出があります。それは祖母のこと。忙しい両親に代わって、時には優しく、時には厳しく、愛情をたっぷり注いで育ててくれた祖母です。若い頃教師をしていた祖母は、しっかりしているけれど、お茶目な人で、良く冗談も言って私を笑わせました。
 私は、大学生になる時に初めて、ひとり暮らしを経験しました。この絵本の「ぼく」がそうだったように、私も最初の1ヶ月は家族に会えないことが寂しくてたまらず、ホームシックになりました。けれど、友だちも出来て遊び方も覚えてしまった私は、いつの間にか「家族と会えない1日」が当たり前になっていました。とにかく、毎日が楽しかったです。
 けれど、大学3年生の秋、今まで一度も自分から電話をしてこなかった祖母が電話をしてきました。唐突に「いつ帰れる?」と聞くのです。私はちょうど新学期が始まる前でお休みだったのですが、「バイトあるから、そのうち帰る」と早々に電話を切ってしまいました。
 その1週間後、父から電話がありました。「すぐに帰れるか?」というのです。「ばあちゃん、実は1週間前に入院して、ご飯全然食べなくなった。お前が来て食べろと言ってくれたら、少し元気になるかもしれないから」というのです。私の父は、私に決して無理を言う人ではありません。だから、帰って来いなんて、私の都合も聞かずに言う人ではないのです。その時、私は悟りました。祖母は、もう生きることが出来ないのではないか、ということ。「明日帰る」と答えて、電話を切りました。何も分からないけれど、涙が溢れてきました。
 翌日、目の当たりにした祖母は、まるで別人でした。既にモルヒネを投与されており、目はうつろで、時々意識が戻ると訳が分からないことを口走ります。私は、トイレに駆け込み、嗚咽しました。本当にそうするしかなかったのです。自分の予感が当たってしまったこと、祖母は私に会いたいと思ってこっそり電話をかけてきたのに取り合わなかったこと、小さい頃祖母に遊んでもらったこと、一緒に料理をしたこと、運動会で応援してもらったこと、大学生にもなった私に小さなお財布から取り出したお札をいつも「お小遣い」といってくれたこと。頭の中をグルグル回って、どうしようもなかったのです。


 祖母は「肝臓癌」でした。腰が痛いと言って整形外科に若い頃から通っていたので、いつもの腰痛だろうとみんなが思っていたのでした。けれど、痛みがひどくなり受診したところ、すでに全身に転移しており「余命2週間」と父は宣告されたそうです。本人には知らせないことにしたと父は言っていました。でも、私は、きっと祖母は自分の死期が分かっていたのだと知っていました。我慢強い人だったけれど、どんなに苦しかったでしょう。どんなに切なかったでしょう。その壮絶な痛みの中で、入院する前日に私に電話をしてきたのです。
 あんなに愛情を注いでもらったのに、あの時初めて電話をくれたのに、きっと私に死ぬ前に一目会いたいと思ってくれていたのに、私はその愛情に応えなかった。
 罪滅ぼしのように大学を休み、毎日看護しました。ふと正気に戻った瞬間、ポツポツと話す祖母は、「学校行かなくてもいいのか?」と何度も私に尋ねました。
 いまだに思います。なんて、私は愛されていたのかということ。祖母は余命宣告の時間を遙かに超え、2ヶ月の間、私をそばに置いてくれました。


 私は、父にまだ祖母が自分の死期を悟っていたということを話していません。祖母が亡くなってから20年も経つというのに。祖母からの電話のことは話せずにいます。多分、これからも話さないでしょう。父は祖母に死期を悟らせずに眠るように逝かせてやれたことに疑いを持っていないからです。そうしてあげたかったのは、父の祖母に対する愛情。だから、そう信じさせておきたいのです。


 これも私の父に対する愛情。


 愛とはつらいモノだなぁとつくづく思います。そして、愛は学ばなければならないモノだなぁとも思います。私は二度と取り返しが付かない失敗から、学びました。それは「私は家族に愛されていて、私は家族を愛している」ということ。「今日が最後のように大切に生きる」ってコト。そして、「その会話がその人との最後の会話かもしれない」というコト。大げさだけれど、そう分かっていたら、きっと、私はあの時の祖母の電話に別の言葉を返していたに違いありません。


 「祖母は、私を決して1人にはしなかった。それなのに、私は祖母を1人にした」


この絵本は、私のつらい思い出を呼び起こし、「1日1日を大切に生きなさい」と思い起こさせる絵本なのです。

私には家族以上に大切なモノはないと気づかせてくれる絵本。
困ったなぁ。泣けてきました・・・。


最後に麻央さんのご冥福をお祈りします。
私も麻央さんのように「愛」を伝えることのできる人生を歩みたい。


悲しい気分になり、今まで誰にも話したことのない思い出を長々と書きました。
とりとめなくて、申し訳ありません。
そして、私の懺悔を最後まで読んでくださった方ありがとうございます。

子どもたちにしあわせの記憶をおくろう





にほんブログ村





100万回生きたねこ

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)
100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)
講談社

あらすじ
「ねこ」はいつだって「百万回死んでは生き返った」ことを自慢にしています。その「ねこ」が白いメスねこと出会いました。周りのねこたちとは異なり、白いねこは「ねこ」の話に驚いたり、感心することはなく、「そう」と反応します。「ねこ」はこの白ねこが気になり、結ばれ、子ねこが生まれます。2人で子育てをして、「ねこ」は100万回生きても今まで知らなかった、かけがえのない時間を過ごします。
 子どもたちが巣立ったあと、2人で過ごす「ねこ」と白ねこ。ある日白ねこは「ねこ」の隣で動かなくなっていました。「ねこ」は泣きます。泣いて泣いて、翌朝動かなくなっていました。そして、二度と生き返ることはありませんでした。

絵本の思い出
 一生にだた一度の恋というモノはあるのだろうか。これ、koli太郎の言葉。
中学生になってその時々「〇〇ちゃんがかわいい!モテる」なんて、笑いながら話していることがあったけれど、こんな質問初めてだ!突然どうした?( ・_・;)
 中学生の息子と母がこんな「恋バナ」を繰り広げているなんて、誰も信じてくれないかも。けれど、koli太郎は本気で悩んでいるらしい。どうも好きな子が、しかも「これが恋」と信じられる好きな子ができたのだ。母としては複雑、笑。
 母は、自分が小さい頃出会った絵本「100万回生きたねこ」を思い出した。
「読んでみなよ」というと、「知ってるよ。最後ねこが動かなくなって死んでしまう話でしょ」とそっけない。そうなんだけれどさ・・・。
 母が、息子に話す話かは分からんけれど、初めて自分の思いに向き合った息子に人として向き合おうと心を決め話したこと。
 「好き」とか「愛している」という気持ちは、その時はいつでも本気だと自分では思っているモノ。けれど時間がたつと、また他の人を好きになり、「これこそ一生に一度の恋だわ」なんて思ってしまう。まったくもって、人の気持ちなんて。
 「ねこ」は100万回生きたけれど、「本当の恋」を知らずに、ただ過ごしてきた。それを「生きてる」って言うのだろうか?白ねこと過ごした「ねこ」にとって一瞬の時間は、きっと永遠だったのだ。それこそ、かけがえのない時を過ごし、「生きた」のだ。もう、「ねこ」は再び生き返ることはしなかった。それは、その必要がなかったから。生き返ったとしても、白ねこなしでは「生きる」ことはできないのだから。
母になり、子どものいる私が「恋」を語るのは、どうだろう?と思いながら、かみ砕いて一生懸命話しました。


 koli太郎からの質問。
「それじゃ、ママはパパのこと本当に好き?ママはかけがえのない時を今生きてる?」
母「・・・・・・・・。」
これまた、難しい質問だなぁ。でも、ソレって最後の最後に知ることの出来る答えかも。


 私とぱぱkoliは高校の同級生です。ずっと友だちだったけれど、「本当の恋だ」と思っていた相手とそれぞれつきあっており、その数々の汚点も知る仲です。もちろんすべてをkoli太郎には話せないけれど。あはは。


 大学生の時は、やはりそれぞれいろんな「本当の恋」だと思った相手と数々おつきあいをし・・・。就職をして、何年後かに再会したその日にプロポーズされました。冗談かと思ったけれど。


 この年齢になってもよくわからないけれど、「本当の恋」は、意外に静かに、意外に身近に、意外に突然に、けれど時間をかけてやってくるモノなのかもしれません。


 ぱぱkoliは短気です。そして、結構怒りっぽい。独占欲も強いし、野心家でもある。ぱぱkoliは情にもろく、損をすることも多いタイプですが、愛されるキャラクターです。いつもドラマ見て、泣いているぱぱkoliに「はいよっ」と私がティッシュを渡します、笑。


 私は脳みそがどうも男性で、おおざっぱでざっくりです。決断が早くて失敗もあるけれど、いつまでも気にしないタイプ。行き当たりばったり、なるようになるさ人間。さらに超合理的。私は人の前にたってリーダーになることが多く、どちらかというと人の上に立ってしまっているタイプ。よく姉御肌と言われます。自分で言うのも何なのですが、いつの間にか人を従えて理屈で屈服させてしまっていることが多かった。だから、女友達は少ない。今続いている友だちも片手で足りる。・・・その私を、唯一怒って正すことのできる存在がぱぱkoliだったのですね。


 気づいたら、お互いそこにいました。
 気づいたら唯一無二の大切な存在になっていました。プロポーズされるまで、お互い「愛してる」なんて思ったことは多分ない。というか異性として意識していなかったと言うべきか?
 気づいたら、一緒に「かけがえのない時」を刻んでいた?
 うーん。謎。
でも、プロポーズされたときに思ったのは、「この人なしの人生は、きっとつまらないものだろう」ということ。ぱぱkoliは、「久しぶりの待ち合わせの時間について電話で話しているときに、突然毎日会いたい」と思ったんだそうな。なんででしょうね。


一瞬の間に、頭の中をぱぱkoliとの今までがかけめぐり、
koli太郎に答えた言葉は「・・・パパと生きてる」でした。


うーん。まだkoli太郎にどうやって話したらいいのか分からないけれど、いつか話せるといいなと思っています。だから「100万回生きたねこ」は、私の宿題。koli太郎が本当に「かけがえのない時」を誰かと歩みたいと思ったときに、また、話したいなぁと感じました。

子どもたちに幸せの記憶をおくろう

                                                                           

今回はとても悩みながら書いた記事なので、とても長くなってしまいました。
最後までおつきあいいただいて、ありがとうございます人´∀`).☆.。.:*ありがとぉ


当ブログはランキングに参加しております。
ポチッと応援、よろしくお願いします(*・ω・)ノ


にほんブログ村


  


 


ちっちゃくたって、おっきな愛

今日の絵本


https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784338126335

あらすじ
ちびちびくんというネズミの奮闘ぶりが可愛らしい仕掛け絵本です。ちびちびくんは大好きな子がいるのですが、ずっとずっと上の方にいるので、届きません。
 だから、いろんなモノを積み上げます。少しでも高く、少しでもあの子のそばにいたいから。ティーカップや指ぬき、野菜もどんどん積み上げていくのでグラグラしていて、ちょっぴり不安。けれど、ちびちびくんは全くそんなことは気にしません。そして、積み上げたものがすべて崩れてしまったとき、あの子が首を伸ばして近づいてきます。なんとちびちびくんの大好きな女の子はキリンだったのです。小さくたって、気がついてもらえなくたって、少しずつ、自分らしく、一生懸命にあの子に思いを届けたちびちびくん。思いはキリンさんに、とうとう届くのです。


絵本の思い出
koli太郎に初めて買った仕掛け絵本。最後にキリンさんが、ちびちびくんに首を伸ばし、チュッとキスをするのに大喜び。キャッキャッと手をたたいて喜ぶのでした。
 現在、「ちっちゃくたって、大きな愛」を覚えているかな?質問してみると、「う~ん、記憶にない」だそうです(ノД`)
 ちょっぴりがっかりしましたが、小さかったときに好きだったことを伝えると、仕掛けをパタパタ動かしながら読んでいました。「ろうそくとかティーカップとか、崩れやすいモノじゃなくて、もっと安定したモノを重ねれば良かったんじゃない?」と、なんだか現実じみたコメント。確かにそうなんだけれど、その不安定なモノを重ねたところが、何かを伝えているんじゃないかな?と、その時私は思ったのですね。
 息子の一言でしたが、ただかわいらしい絵本だったイメージが、大きく変化した瞬間でした。息子に伝えると彼は「う~ん」とまた悩んでいましたが・・・・。
 「よく、わかんないんだけれど・・・・」と前置きして話してくれました。確実に相手に思いを伝える方法なんてないんだと思うこと。よかれと思っても裏目に出たり、好意を伝えたつもりが誤解されちゃったり・・・。どうも、koli太郎も大好きな女の子がいるらしい、笑。ちびちびくんがキリンさんに気づいて欲しくて重ねていった不安定なモノは、つまり、そうした数々の試みを示しているのではないのかな、と感じたそうです。
 ふーん。愛は盲目ということかな?「おっきな愛」がちびちびくんを突き動かしているのでしょう。
 なんだか、急に大人になってしまって、ちょっと嬉しいような、寂しいような思いをした母なのでした。今、絵本を通して彼の気持ちを知ったり、一緒に話し合ったり出来ることは、母にとって幸せなことだなぁと感じます。また、私が「しあわせの記憶」をもらってしまいました。良い絵本とは、こうやって人と人をつないでくれる本なのでしょうね。
 小さい頃の記憶は残っていないようですが、別の形でこの絵本の思い出がkoli太郎に刻まれますように。

子どもたちに幸せの記憶をおくろう

                                                                                      

最後までおつきあいいただき、ありがとうございます(^-^*)
ではでは(^_^)/~


当ブログはランキングに参加しています。
ポチッと応援、よろしくお願い致します。


にほんブログ村