絵本の時間

幼い頃、読んでもらった絵本。内容はおぼろげになった本もありますが、忙しかった両親が寝る前に読み聞かせをしてくれる、短いけれど温かい時間は、一生の宝物です。そんな記憶を綴り、自分の子どもたちにも幸せの記憶を贈りたいと願うブログです。

がちゃがちゃどんどん

今日の絵本

がちゃがちゃ どんどん (幼児絵本シリーズ)
がちゃがちゃ どんどん (幼児絵本シリーズ)
福音館書店



あらすじ
この表紙が示すとおり、擬音語や擬態語をいろいろな絵や形で表しています。表紙の表している音は「がちゃがちゃ」と「どんどん」です。文字やストーリーが分からなくても、音と身振りで楽しめるので、〇歳からの読み聞かせ、一緒に手遊びもできます。

絵本の思い出
「がちゃがゃどんどん」はわが家の15年間の育児の間、ずっと活躍してきた絵本。赤ちゃんの時に、本を開くと、白地にカラフルな音を表す形があらわれ、本をたたいて「ダーダー」と身振りをして見せてくれる姿が、とてもかわいかったです。
 実は、この本、小さなお兄ちゃん、お姉ちゃんが赤ちゃんに読み聞かせ出来るのです。わが家では、長男koli次郎が娘ちびkoliに。ちびkoliが末っ子koli次郎に。文字が読めない小さな上の兄姉が、赤ちゃんに愛情を示すことの出来る絵本です。
 面白いなぁと思うのは、音の読み方、ジェスチャーまで私と同じで、あぁ覚えてくれていたのだなぁととても嬉しくなりました。
 おかげで、koli次郎は4歳にして、絵本を自分で音読するほど絵本好きになりました。そういえば、平仮名、カタカナを読むのは一番早かったかも知れません。
 なお、ジェスチャーしながら読んでいたら、ベビーサインもよく覚えてくれました。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます人´∀`).☆.。.:*


当ブログは、ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、嬉しいです。

にほんブログ村




カラスのパンやさん



今日の絵本

からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7))
からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7))
偕成社
            

あらすじ
 からすの町、いずみがもりのからすの夫婦の愛情たっぷり子育て奮闘記。パンやの夫婦は四羽の赤ちゃんを大事に育てます。ところが、赤ちゃんが泣き出すたびに飛んでいくため、パンは黒こげ、半焼きで売り物にならなくなってしまいます。お店は散らかり放題。お客さんが来なくなり、次第に貧乏になってしまいました。
 しかし、四羽の子どもたちが大きくなると、失敗したパンがカラスの子どもたちのおやつとして大人気に。四羽の子どもたちのアイディアを取り入れて、カラスのパン屋さんが作り出す起死回生の楽しくおいしいパンは、お店にお客さんの行列を生み出します。

いろいろな楽しいパンに、ワクワク。パンのネーミングも可愛らしく、見開きのページいっぱいのパンは、とてもおいしそうでした。それをつまんで食べるふりをしたり、「ママも食べて」と小さな指でつまむ真似、母に食べさせる真似をしたことを思い出します。何よりも、子どもたちのために失敗しても頑張るカラスの夫婦の姿は、一生懸命に働いている両親の姿と重なり、まるでカラスの夫婦の赤ちゃんの1人になったかのように幸せな気分になりました。

 子どもが3歳になったとき、私の小さな頃の絵本を引っ張り出し、読み聞かせをすると「ママ作って~」。こんなふうにせがまれました。でも大丈夫。今は、本の中のパンのレシピがあるんですよ
 お誕生日に、ケーキではなく、パンを作って上げたときの嬉しそうな顔は、忘れることが出来ません。ぜひ、作ってみませんか?

絵本「からすのパンやさん」のパンをつくろう!―Have Fun With Bread!
絵本「からすのパンやさん」のパンをつくろう!―Have Fun With Bread!
文化出版局

※絵本やグッズの画像をそれぞれクリックすると購入情報を見ることが出来ます。よろしければ、どうぞ。


カラスのパン屋さんの続編・グッズ情報

からすのパンやさんピクチャーパズル
からすのパンやさんピクチャーパズル
ケイエス販売
おもちゃ

絵本の挿絵がパズルになりました。お話を知っていると、なおさら楽しく遊ぶことが出来ます。3~4歳から大丈夫だと思います。

ギフトセット からすのパンやさん一家のおはなし全5巻 オリジナルトートバッグ付
ギフトセット からすのパンやさん一家のおはなし全5巻 オリジナルトートバッグ付
偕成社

「カラスのパンやさん」には続編があります。私は大人になって子育てをしてから知りました。パンやで育った四羽の子どもたちが、大人になってお店を開きます。生涯のパートナーと出会い、幸せになる姿を見ることが出来ます。これは全巻セット(ギフトセット)です。続編は、次の4冊。四羽のからすそれぞれの成長ぶりが絵本になっています。

からすのおかしやさん (かこさとしおはなしのほん)
からすのおかしやさん (かこさとしおはなしのほん)
偕成社
からすのてんぷらやさん (かこさとしおはなしのほん)
からすのてんぷらやさん (かこさとしおはなしのほん)
偕成社
からすのそばやさん (かこさとしおはなしのほん)
からすのそばやさん (かこさとしおはなしのほん)
偕成社
からすのやおやさん (かこさとしおはなしのほん)
からすのやおやさん (かこさとしおはなしのほん)
偕成社


四羽の子どもたちのその後が描かれています。私のオススメは「からすのそばやさん」です。末っ子の幼稚園児koli次郎が大好きなお話です。そばやになった「おもちちゃん」は、兄弟姉妹の中で1番小さいので、親近感があるのかも、笑。「からすのおかしやさん」では、お嫁さんになる、からすの娘さんとの出会いの場面や、会話のやりとりを読んで照れている様子のkoli次郎に、笑ってしまいました。幼稚園児でも、ステキな出会いに憧れるのですね(^-^*)


Mr.Crow’s Bakery―からすのパンやさん(英語版) (R.I.C.Story Chest)
Mr.Crow’s Bakery―からすのパンやさん(英語版) (R.I.C.Story Chest)
アールアイシー出版


現在は英語版も販売されていて、世界の子どもたちにも読んでもらえるようになっているんですね。愛されるストーリーは国境を越えていくのだなぁと嬉しくなりました。英語版で、あのユニークなたくさんのパンは何とネーミングされているのでしょう。ちょっと興味がわきます。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます人´∀`).☆.。.:*


当ブログは、ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、嬉しいです。


にほんブログ村












初めまして、kolibriです(^-^*)

kolibriは、3人の子どもの母です。
このたび、「絵本の時間」を始めました。
どうぞよろしくお願い致します。


中学生から幼稚園児まで、まだまだ子育てに奮闘中です。
そんな忙しくも、楽しい日々の中
ふと思い出すのは、幼い頃、忙しかった父と母は、
どんなふうに私との時間を過ごしていたのだろうということ。


記憶をたどってみると、小さな兄弟たちに
かかりっきりで、
私は「手のかからない子」と言われていたっけ。


けれど、本当は寂しかったです。
弟妹をずるいなぁとうらやましく思っていました。
そんな私が何よりも楽しみにしていた時間は
寝る前の読み聞かせの時間。


父や母を独占して、いろんなお話に夢中になりました。
お話の内容の記憶は、薄れていくのですが
両親の膝に抱かれて
絵本を読んでもらいながら流れていく
短いけれど、幸せな時間の記憶は
決して薄れることはありません。


子どもたちに「しあわせの記憶」を残したい。
そんな思いで、このブログを立ち上げました。
読んでくださった子育て奮闘中の方にも
「しあわせの記憶」の種をお渡しできたら
とても嬉しく思います。


コメント、絵本にまつる思い出や
紹介したい絵本情報大歓迎です。


どうぞ、よろしくお願いします。


当ブログは、ランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです。
          
           にほんブログ村